手芸クラフトのギフト〜TUKUMO(つくも)

TUKUMO BLOG
つくもブログ

2019年4月5日

必ず喜ばれる結婚式のプレゼント!!まち針と糸を使うまち針ストリングアートのご紹介。part.1

  • まち針ストリングアートの作り方
  • まち針ストリングアート作品集
  • コラム
  • 結婚祝い
  • 親子のコミュニケーション

こんにちは!『TUKUMO』ブログ管理人の森川です。

本日は結婚式でプレゼントしていただいた「まち針ストリングアート」のご紹介を致します。

結婚式では密かにブームになっているストリングアート。

主には受付においてあり参加者の皆様に糸をかけてもらい完成させ、新郎新婦にプレゼントする全員体験型のウェルカムボードやこの度「まち針ストリングアート」で行ってもらった新郎新婦へのプレゼントとして使用していただいていることが多いです。

その中でも結婚式でなぜ「まち針ストリングアート」が良いのかをこの度の結婚式までのストーリーと共にご紹介していきます。(3投稿に渡ってご紹介します。)


ストーリー


知り合い「久しぶり!実は奥さんの弟が結婚式するんじゃけど、インスタに載せてある結婚式のプレゼントを見て、やりたいってようるんよね」

私「久しぶり!! えぇーありがと(*^^*) 是非やってみてや」

知り合い「やってみたいんじゃけど、やり方とか教えてね」

私「全然問題ないよ(*^^*)」

知り合い「ありがと!ちなみに2週間後なんじゃけど間に合う?」

私「2週間!!!!何とかなるけどすぐに動かんと間に合わないかも・・・」

知り合い「了解。奥さんにゆっとくね!」

 

と、このような流れから結婚式のプレゼント作りが始まりました。

作るのは知り合い夫婦と知り合いの奥さんのご家族だそうです。

長くなるので制作までの条件を箇条書きします。

・デザインをすることが苦手なのでデザインを考えてほしい。

・デザインはインスタに載っているモノがかわいいので近いデザインが良い。

・制作に参加できない小さな子供がいるので子供も参加できるようメッセージカードをつける予定である。

この3つが条件でした!

そこで私のラフ画を知り合いの奥さん(以下;奥さん)に見てもらいました。

時間の都合上、雑になったのは許してください(-_-)

(後日きれいに書き直しトレース紙に書き写しております。)

コンセプトは

・結婚してもみんなあなたの事を想っているよという気持ちが伝わること

・これからも仲良く2人で幸せな人生をおくってね

・みんなのお祝いの気持ちを形に変えて伝える

という意味を込めたかったです。(伝わってなかったら申し訳ありません。)

補足説明

まち針ストリングアートで使う「針」には日本古来より『千人針』というお守りもあります。

千人針とは戦時中、多くの女性が一枚の布に糸を縫い付けて結び目を作り、出来上がった「お守り」の事です。

その人を想っていることを、直接言葉に変えて伝えることが苦手という人も多いかと思います。シャイな日本人らしい独特な文化なのかもしれません。

「TUKUMO」のまち針ストリングアートには「つなぐ・とめる・想う」というコンセプトがあります。

まち針を使うことにより想いをとどめることが出来る、また2人のためのお守り代わりにもなりそうですよね(#^.^#)

 

奥さん「かわいい♡♡これを作りたいから材料とか買ってすぐに作り出しますね(*^^*)」

私「良かったです(*^^)v 材料揃い次第連絡します。」

※材料のまち針、土台スポンジ4枚、ウォールシート(時間短縮の為採用)を購入していただきました。糸は奥さんが持っていたのでそれを使っていただきました。

そしてまち針をさし、一部糸をかけたものがこちら

かなり良い感じにできています(#^.^#)

色がわかりにくいですが小さなハートは左から紫、ピンク、青、緑、黄色、水色となっています。サイズは縦32㎝、横32㎝です。

奥さんは作り方のYOUTUBEを見ていただいていたので簡単な説明だけで作っていただけました。

Part1はここまでとさせていただきます。

明日Part2をアップします。

是非ご覧になってください。宜しくお願い致します。

 

Instagram;tukumo.craft
YOUTUBE;つくもチャンネル
検索方法;まち針ストリングアート

TOPへ戻る