手芸クラフトのギフト〜TUKUMO(つくも)

TUKUMO BLOG
つくもブログ

2020年11月25日

「おしゃれ・かわいいと称賛の嵐!!」 まち針ストリングアートで手作り時計を作ろう!!

  • まち針ストリングアートの作り方
  • まち針ストリングアート作品集
  • 時計
  • 機能性商品

こんにちは!『TUKUMO』ブログ管理人の森川です。

 

本日はまち針ストリングアート「花束の贈り物」時計バージョンのご紹介です。

 

↓まち針ストリングアート「花束の贈り物」の作り方はこちらのブログをご覧になってください↓

【TUKUMOの手芸キット『花束の贈り物』の作り方を分かりやすく解説します!】

 

 

まち針ストリングアート「花束の贈り物」時計バージョン


まち針ストリングアート「花束の贈り物」はフォトフレームメッセージボードなど様々なシチュエーションで使えるように真ん中部分に名刺サイズのカードが飾れる使用になっています。

 

この度はそのスペースに時計ムーブメントをはめ込み、手作り時計にしました(#^.^#)

時計ムーブメントは厚み13㎜のものを使用しています。

土台スポンジの厚みが18㎜なので18㎜以下のモノであれば問題ありません。

 

時計の針(秒針、分針、時針)は短いものを使用しております。

秒針は中央から約5㎝、分針は約4.7㎝、時針は約4㎝のものとなっております。

 

壁掛け使用に

12時の方向にフックをつけ壁掛け使用にしています。

フックはどのようなモノでも問題はありません。

まち針ストリングアート作品は軽いのでまち針のみでフックを取り付けることが出来ます(^O^)/

 

 

作り方


1.土台スポンジに目印をつけ、カッターで切る

スポンジ中央から時計ムーブメントの大きさに合わせてカッターで切ります。

 

土台スポンジはカッターで簡単に切れます(#^.^#)

花束の贈り物の中央スペースは名刺サイズ(91㎜×55㎜)なのでこれよりも小さいムーブメントを使います。

この度使用したムーブメントは約55㎜×55㎜でした。

 

2.ムーブメントをはめ込む

カッターで切ったスペースにムーブメントをはめ込みます。

ムーブメントが上手くはめ込めれば問題ありません。

 

※この時、55㎜よりも大きめに切ってしまうとムーブメントをはめた際にスカスカになり、上手くはまらなくなるので注意してください。

 

心配な場合は54㎜で切ってください。

スポンジは柔らかいので少し小さくてもはめ込むことが出来ます。

 

3.表面に生地を貼り、中央に穴をあける

生地を貼り裏からムーブメントをはめ込むと中央部が分かります。

その部分に印をつけ、リッパ―やカッターを使い穴をあけます。

 

4.まち針をさし、型紙を破く

穴をあけた後は従来のまち針ストリングアートと作り方は同じです。

 

↓詳しく記載した作り方説明は冒頭にも述べましたようにこちらのブログをご覧になってください↓

【TUKUMOの手芸キット『花束の贈り物』の作り方を分かりやすく解説します!】

 

横から見るとこんな感じです。

 

この度は時計ムーブメントの事も考えて中央部分に近いガラス玉まち針の高さを少し低く刺しています。

時計の針に当たらない程度の高さにガラス玉まち針を刺して下さい。

 

5.糸を掛ける

作り方説明書を見ながら糸を掛けていって下さい。

 

完成


自分のお部屋空間がおしゃれ空間に早変わり(#^.^#)

壁掛け使用にしたり、置時計にしたりと様々な方法で飾ることが出来ます。

完成品の大きさ(フックなし)は縦16㎝×横16㎝×高さ3.5㎝くらいなので飾るスペースを多く取ることはありません。

 

誰でも簡単に作れるおしゃれな時計作りに是非トライしてみてください(#^.^#)

 

まち針ストリングアート「花束の贈り物」はAmazonで販売中です。

時計のムーブメントはついておりませんので、別でお気に入りのものを購入し作ってみてください(#^.^#)

 

インスタグラムにまち針ストリングアート作品集を多数アップしているので見て頂けると嬉しいです。

フォロー、コメントしていただけるともっと嬉しいです(^^)!

また、各種材料、まち針ストリングアートキットはAmazonで販売しております。

下記にリンクがついていますのでこちらも是非ご覧になって下さい。

最後までご覧いただき有難うございます。

 

Instagram;tukumo.craft
YOUTUBE;つくもチャンネル

HP検索;まち針ストリングアート

Amazon販売;TUKUMO

無料型紙;型紙テンプレート

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る