手芸クラフトのギフト〜TUKUMO(つくも)

TUKUMO BLOG
つくもブログ

2020年1月15日

TUKUMOの手芸キット『花束の贈り物』の作り方を分かりやすく解説します!

  • Amazon販売
  • まち針ストリングアートの作り方

 

こんにちは!『TUKUMO』ブログ管理人の森川です。

本日は「まち針ストリングアート 花束の贈り物」の作り方のご紹介です。

 

まち針ストリングアート花束の贈り物はほかのキットと比べ、糸をかける工程よりも、まち針をさしていく工程のほうが多い作品となっております。

 

1.土台スポンジに生地を貼ります。

表面

表面に両面テープを貼ります。

テープの貼り方としてはスポンジ全面に両面テープを貼る方法もありますが、私は写真のように4本貼って政策を行っています。

 

4本でも全く問題がなく、裏面に生地を貼る際に少し生地が伸びてくれるので貼りやすいです。

 

時短にもあるので両面テープ4本、おススメです!

 

裏面

裏面は4辺に両面テープを貼ります。

 

生地は大体両面テープの幅ピッタリのサイズになっています。

 

キットの中に入っている作り方説明書には生地の貼り方が書いてありますので参考にしてください。

 

作り方説明書

 

2.ガラスまち針をさし進めていきます。

 

型紙にはガラス玉まち針をさす色も書かれています。

パッケージ写真や説明書を見ながらさし進めていきましょう!(^^)!

 

ガラス玉まち針をさす際は、真上から図案を確認しながらさしていくと真っすぐさしやすくなります。

 

ガラス玉まち針は1㎝~1.5㎝さします。

 

これはすべてのまち針の高さを一定にしないとダメというわけではなく、後から糸を掛けていく際に糸を掛けやすい高さの目安になります。

型紙を破いてから、糸を掛け始めてからでもまち針の高さは調整できるのでサクサクさし進めていきましょう(#^.^#)

 

3.ガラス玉まち針をさし終わると型紙を破きます

※徐々にゆっくりと型紙をはがしていきましょう!

勢いよく型紙を破くとガラス玉まち針が取れてしまうことがあります。

その際は再度同じ場所にまち針をさしてください。

 

型紙を破く際は少し左右に揺らしながら破いていくと破りやすくなります。

 

型紙を取り除くとこのような感じになります。

 

ガラスがとても綺麗ですよね(#^.^#)

ガラスならではの光沢や、市場に出回っていないオンリーワンカラーを使っているので見た目の新鮮さが際立ちます。

中にはこのまち針をさしただけの状態のものを使い、「アクセサリーかけにするね」や「指輪置きに最適!」などの声もいただいております(*^^)v

 

4.糸をかけていきます。

糸を掛けていきます。

 

糸で表現する部分は面と線です。

 

花束の贈り物は線で表現する部分が多いのでサクサク次に進んでいけます!(^^)!

 

作り方説明書

 

作り方説明書にはだれでも作れるように1つ1つの図案の作り方説明が記載されています。

 

完成


完成後はインテリアとして飾ってください(#^.^#)

 

「花束の贈り物」はフォトフレームやカードを飾るフレームになります。

TUKUMOのカードを飾っています。

 

これは店舗販売の際に各店舗用のPOP、完成見本としておこうと考えています。

 

✨ここで新着情報です✨

関西を中心に展開している手芸店『ABCクラフト』にて販売を開始いたします(#^.^#)

 

時期はまだ未定なのですが弊社のPOPが完成すれば販売を開始したいと思います。

 

また販売時期が正式に決まりましたらご報告いたします。

 

インスタグラムにまち針ストリングアート作品集を多数アップしているので見て頂けると嬉しいです。

フォロー、コメントしていただけるともっと嬉しいです(^^)!

最後までご覧いただき有難うございます。

 

Instagram;tukumo.craft
YOUTUBE;つくもチャンネル

HP検索;まち針ストリングアート

Amazon販売;TUKUMO

無料型紙;型紙テンプレート

TOPへ戻る