手芸クラフトのギフト〜TUKUMO(つくも)

TUKUMO BLOG
つくもブログ

2024年1月22日

ちいさな暮らしのおすそわけ No.5 いりこ、恐るべし

  • ちいさな暮らしのおすそわけ

 

ちいさな暮らしのおすそわけ


No.5 いりこ、恐るべし

娘が小学校の家庭科でだしのとり方を学んだらしく「うちでもいりこのだしでお味噌汁をつくってほしい」とリクエストが。私がかつおだしが好きなので、我が家ではいつもパック入りのかつおだしと、液体かつおだしを料理によって使い分けていて、いりこだしには不慣れ。早速いりこを買ってきました。

 

子どもの頃によく泊まりに行った祖母の家では、味噌汁はいつもいりこだし。頭もハラワタも取らずにいりこを数匹入れていた思い出もあり、自分もいりこをそのまま投入して味噌汁を作ったところ、「学校では頭と内蔵を取ってたよ。これだとちょっと苦いよ!」と娘から苦言。次からはちゃんと取ると約束をしました。

 

翌日、いりこの頭と内蔵を取る作業をしていたところ、右手の親指の先に激痛が。「痛!!!」なんと、いりこの細い細い骨が刺さってしまったのです。慌てて指先を見ると、恐らくこれかなと思う小さなトゲがあったので、もう片方の手でさっと取り除きました。「いりこ、恐るべし…」

 

味噌汁は無事に完成し、「いりこだし、おいしい!」と娘は喜んでくれたのですが、その後 縫い物をしようと針を持ったときに、親指に激痛が走るではありませんか。「やばい、いりこの骨が指先に残ったままなのかも…」

 

痛みのあるところを適当に針でつついてみたものの、どうしても痛みがとれないので皮膚科へ駆け込みました。医師が拡大鏡を覗きながら「これかな?」と指先を鋭利なもので軽く切って取ってくれました。

 

ところが、翌日も激痛が消えません。「もしかして、まだ残ってるのでは…」と不安になり、再び皮膚科へ。

私 : 「先生、まだ指先が『痛っ!』ってなるんです。小さい骨が残ったまま皮膚が閉じて、ずっと痛みがとれなかったらどうなるんですか!」

医師:「以前そういう方がおられましたねぇ。その方はどうしてもトゲが見つからなくて、結局、総合病院で指先の肉の一部を削り取ることになったんですよ。」

私 :「ええええ!!!!」

医師:「昨日トゲは取れてるはずなので、今日の痛みは、切ったところが痛いだけじゃないですか? 数日様子を見て、それでもまだ痛みがなくならないようでしたらまた来てください。」

 

ということで、すごすごと帰宅。数日後、私の不安に反して痛みは完全に消えました。2度目の通院は、ただの思い込みだったようです。ちょっと恥ずかしい…。

 

娘: ねーねー、ママみたいなことが起きること、ことわざでは何ていうんだっけ?

私: ことわざ?なんだろう、『一寸先は闇』かな。

娘: 『やみ』って言葉はちょっと怖いよ。『一寸先は、いりこの骨』でどうかな!

私: それ何の提案なの…(笑)。

 

日常には思わぬ小さな事故が潜んでいるものですね。みなさんも、いりこの骨(思いもよらない小さな事故)にご注意を。

 

2024年1月22日 ユキンコ


 

インスタグラムにまち針ストリングアート作品集を多数アップしております。
たくさんのフォロー、コメントをお待ちしております。

また、各種材料、まち針ストリングアートキットはAmazon、楽天で販売しております。

下記にリンクがついていますのでこちらから是非ご覧になって下さい。


まち針ストリングアートについてご不明な点、お取り扱いの相談等ありましたらHPお問い合わせよりご連絡をお待ちしております。

最後までご覧いただき有難うございます。

 

Instagram;tukumo.craft
YOUTUBE;つくもチャンネル

HP検索;まち針ストリングアート

Amazon販売;TUKUMO

楽天ショップTUKUMO STYLE

無料型紙;型紙テンプレート

 

 

TOPへ戻る