手芸クラフトのギフト〜TUKUMO(つくも)

TUKUMO BLOG
つくもブログ

2024年6月24日

広島針 ガラス待針に思いを寄せて 2024

  • 広島針

こんにちは。手づくりクリエイターのユキンコです。いつもは「手芸道具あれこれ」や「お直し&リメイク」などにブログを寄稿しておりますが、今日は森川製針さんの広島針「ガラス待針 輝」を手にとって感じたことを、お伝えします。

 

先日ブログで紹介されていたオリヒメシリーズはこちら

【世界初】平和記念公園の折り鶴と待針のコラボアイテム

製品についてはメーカーさんからの視点ですでに詳しくご紹介がされているので、今日は私の個人的な視点でお話します。

 

《もくじ》

①針の丈夫さ

②ガラス玉の美しさ

③ギフトにおすすめ

私の折り鶴ものがたり

 

 


①針の丈夫さ

これは広島針全般、森川製針さんのまち針に言えることですが、とにかく針の軸が丈夫で強度の違いを実感します。海外製の安いものは曲がってしまうことが多いのですが、広島針はしっかりしているので長く愛用できます。刺し心地もなめらかです。

 

 

②ガラス玉の美しさ

もうひとつの魅力は、クリアな輝きです。丸いクリアな玉の中に明るい色が入っています。そのため、色の存在感がありながら同時に透明感も共存していて、見た目にもきれいです。

針山にたくさん刺さるまち針でも、広島針のガラスまち針はキラッと自己主張しています。

これは私の心象ですが、遠い昔の縁日で見たような、甘くて丸くて大きい飴玉に似た郷愁を感じます(笑)。

 

 

 

③ギフトにおすすめ

「オリヒメシリーズ」3種類はそれぞれ、4色×各3本、合計12本入りです。最大の特徴はパッケージに、広島平和記念公園の原爆の子の像に捧げられた折り鶴を用いて作られた再生紙「平和おりひめ」が使用されていることです。

 

パッケージをじっくり見ると、小さな小さな色紙の破片が見えます。

このお話を聞いた時、色々な思いが私の中に湧いてきました。なぜなら、私の叔父(父の弟)がその昔、何年も何年も、折り鶴を作っては広島へと贈り続けていた姿を見ていたからです。

 

④私の折り鶴ものがたり

個人的な話になりますが、私の叔父は戦後の貧しい時代に生まれ、生後間もなくして脳性小児麻痺となりました。

私が物心ついた時には、家族の一員として茶の間の横の部屋に寝たきりの状態で24時間過ごしていました。

生涯の大半がうつ伏せの状態だったのですが、学校に行けなかったので独学で文字を学び、新聞に投稿して何度も掲載されるなど、家に居ながらも社会との関わりを自分から積極的にとっていました。

左手しか動かなかった叔父は1枚のはがきにメッセージを書くのに汗をかきながら30分も1時間もかかるような人でしたが、動きづらい左手で千羽鶴を折り、広島平和記念公園に何年も贈り続けていました。

普通の人が作っても大変な1000羽の折り鶴を、障害のある叔父はどのくらいの時間をかけて折っていたのだろうと今でも思います。

箱いっぱいに入った折り鶴を祖母が梱包している姿を、子どもの頃に何度も見ました。

 

私は学生時代を愛媛県松山市で過ごしました。大学では四国や九州、中国地方などからの学生がたくさん集っていましたが、その中で仲良くなった広島出身の子が、広島の平和教育の真剣さについて教えてくれたことがありました。

他府県で教科書からしか戦争を学んでおらず、戦争というものの外郭を捉えていただけの自分と、身近に原爆を経験した人がいる環境で育ってきた友人との温度差に驚き、恥ずかしい気持ちになりました。

以後、「知ることから始めよう」と平和記念資料館を訪ねたり、戦争にまつわる本を手に取るなど、ささやかですができる範囲で情報を取りに行くようになりました。今では友人との出会いに感謝しています。

 

2024年の今年は、戦後79年になります。叔父は私が小学5年生のときに42歳で亡くなりました。あれから39年。今現在も日本中から年間1000万羽もの鶴が捧げられていると聞きます。

何年前だったか忘れてしまいましたが、ニュースでこの増え続ける折り鶴をどうするかについて議論がされていることを知りました。今回、このまち針を手にして初めて、折り鶴が再生紙として活用されていることを知りました。とても素敵な取り組みだと思います。

まさかまち針のパッケージにもなっているとは知らず、手に取った時はとても驚きました。折り鶴から作られたと知り、すぐに懐かしい叔父のことが浮かびました。この小さな紙の断片のひとつひとつが、日本のどこかからやってきた祈りの鶴なのだと思うと、さまざまな思いが湧いてきます。

私がそうであるように、折り鶴、広島、平和への祈りなど、パッケージを手にされた方がそれぞれに、自身の人生の中で蓄積されたものがたりが浮かんでくることと思います。

 

この商品は、良質で上品な広島生まれのまち針にふさわしい素敵なパッケージだと思います。自分用に買うのもよいですが、ちょっとしたプレゼントや、海外の方へのお土産にも喜ばれるのではないかと思います。パッケージをきっかけに広島のこと、折り鶴のこと、まち針のことなど、たくさんの話題の花が咲くとよいですね。

 

よかったら皆さんも一度、手にとってみてはいかがでしょうか。

 

2024年6月24日 ユキンコ

 


 

★ここでご紹介した広島針「ガラス待針 輝」の画像をクリックすると、商品のページを見ることができます。

 

Instagram;tukumo.craft
YOUTUBE;つくもチャンネル

HP検索;まち針ストリングアート

Amazon販売;TUKUMO

楽天ショップTUKUMO STYLE

無料型紙;型紙テンプレート

TOPへ戻る