手芸クラフトのギフト〜TUKUMO(つくも)

TUKUMO BLOG
つくもブログ

2019年10月11日

幸運を呼ぶ鳥「フクロウ」を飾って運気アップ、縁起を担ごう!

  • まち針ストリングアート作品集
  • プレゼント・ギフト
  • 展示会

こんにちは!『TUKUMO』ブログ管理人の森川です。

「フクロウ」は昔から縁起物や運気アップの象徴として多くのグッツやお守りに使われてきました。

 

そこで本日はなんでふくろうは縁起が良いの?という疑問と、TUKUMOのふくろう作品のご紹介をしたいと思います。

 

なんでフクロウは縁起が良いのですか?


 

一つ目は語源です。

昔の人は「言霊」というものを信じていました。

現在の人でも「言葉には力がある」「口に出して発言したほうが目標を達成しやすい」など「言霊」を信じている人は多いと思います。

 

フクロウには


「不苦労」⇒苦労をしない

「福郎」 ⇒福が来る

「福老」 ⇒豊かに歳(年)をとる


という語呂合わせがあり、フクロウという音の響きが縁起の良さを感じるからとされています。

 

縁起の良いフクロウ作品

 

二つ目は「ローマ神話」です。

ローマ神話では知恵と工芸の女神「ミネルヴァ」の使いがフクロウとされ、それを継承して欧米では、フクロウは英知の象徴とされているからと言われています。

 

なぜ、フクロウがミネルヴァ神の使いとされたか、当時ミネルヴァ神の神殿にフクロウがたくさん巣を作り、夜になると飛び回った為、「ミネルヴァのふくろうは夜飛び立つ」と歌われ、いつしかミネルヴァ神の使いとなったという話があります。

 

他にも関連付けて、フクロウは目が利くので「情報に明るい」や首が回るから「金運につく」など現代の社会に合わせた語呂合わせが多くなってきています。

 

これだけ、多くの関連ワードやイメージが広がることが、フクロウの縁起物としての潜在能力なのかもしれないですね(*‘∀‘)

 

 

フクロウはどこに飾るのが良いの?


 

リビングに飾っているフクロウ作品

 

フクロウの飾り物やインテリアは「人の多く集まる場所に置くことで、多くの人に幸福をもたらす」と言われています。

 

玄関やリビング、ダイニングに飾ることにより多くの人に幸福を呼び寄せるようにしましょう。

多くの人が幸福になることにより、その人からも幸せパワーを与えてもらえる空間を作ることで日々の井戸端会議や女子会もより楽しくなります。

 

玄関に飾っているフクロウ

玄関に布袋尊という七福人と一緒に飾ってみました。

玄関がパワーアップしそうですね!

玄関や窓際などの「入り口」に飾ることは運気を呼び込むと言われています。

 

 

TUKUMOのフクロウ作品について


 

この度上げているまち針ストリングアートは過去作品より難易度が格段にアップしています!!

 

 

ガラス玉まち針の本数もかなり多く使っております。

(本数は数え切れませんでした・・・おそらく300本~400本です。)

 

糸も小さな図柄が多いので手でかけていくことが難しく、ピンセットを使いかけていったとのことです。

 

こちらの作品を作ってくださったのはTUKUMOのデザインに協力してくれている「さつきさん」です。

 

次回もさつきさんの作品をアップする予定になっておりますので楽しみにお待ちください。

 

インスタグラムにまち針ストリングアート作品集を多数アップしているので見て頂けると嬉しいです。

フォロー、コメントしていただけるともっと嬉しいです(^^)!

最後までご覧いただき有難うございます。

 

Instagram;tukumo.craft
YOUTUBE;つくもチャンネル
検索方法;まち針ストリングアート

Amazon;まち針ストリングアート

TOPへ戻る