手芸クラフトのギフト〜TUKUMO(つくも)

TUKUMO BLOG
つくもブログ

2019年6月4日

生協でも販売した、まち針ストリングアート「春告げ小鳥」がAmazonで販売中です!作り方も簡単に説明します。

  • Amazon販売
  • まち針ストリングアートの作り方
  • 販売情報

こんにちは!『TUKUMO』ブログ管理人の森川です。

本日はAmazonにて好評販売中の「まち針ストリングアート 春告げ小鳥」のご紹介です。

春告げ小鳥という名前ですが、新しいモノゴトを運んできてくれる、新しい体験や出会いを運んできてくれる、『幸運をもたらす小鳥』をコンセプトにしたキットになっております。

幸せの形は人それぞれですが、まち針ストリングアートと出会っていただいた方には今よりも少しでも幸せになってもらいたいという想いも込めております(*^-^*)

 

制作過程をご紹介いたします。

まずは土台スポンジに生地を両面テープで貼ってもらいます。

そのあとにはキット内から型紙(薄い紙が入っています)を土台に重ねガラスまち針をさしていきます。

(こんな感じです)

購入していただいたお客様にはよくガラスまち針をさす工程が楽しいという意見を多数いただいております。

私もこの工程が好きです!(^^)!

さし心地やどんどんさし進めていける感じが気持ちよく、ストレス解消になります🔥

 

ガラスまち針をさし終えると型紙をはがします。

 

型紙をはがす際はガラスまち針が抜けないように型紙を破っていってください。

ガラスまち針が抜けても同じ場所にさし直せば問題ありません。

 

糸をかけていきます。

 

説明書はかなり詳しく書いているので糸をかけていく順番など細かく見えますが、基本的には自分がやりやすいように制作を進めていってもらっても問題ありません!!

春告げ小鳥は、真ん中の鳥図案が大きいので真ん中から糸をかけていき、そのあとは好きなものから作っていくことをおススメしております(*^^*)

準備物にも、つまようじや竹串を用意するものとして書いていますが、なくても大丈夫です。

※本当に準備したほうが良いものは両面テープです。

つまようじ、竹串はピンセットが一つあればまち針を取ったりする際や糸の高さを上げたり下げたりする際に対応できるので必要はありません。

(基本的に竹串やつまようじも糸を上げ下げする用途です。自宅にあるものを使ってください。

 

糸をかけている様子はこんな感じです。

 

糸のかけ終わり部分は糸をかけ始めた際の糸と、かけ終わりの糸を二重結びにして糸を留めます。

説明書には接着剤で固めてくださいと書いてありますが最上級に丁寧に行う場合は接着剤で留めてください。

基本的には二重結びで問題ありません!!

 

完成後写真

 

まち針ストリングアート 春告げ小鳥も完成です(*^^)v

完成後サイズ;約16㎝×16㎝×3.5㎝

制作目安時間;2時間

難易度;初級~中級

 

制作後は母の日にプレゼントしていただいたり、運気アップの願掛けで玄関に飾ったり、インスタ映えする写真の一部に使ったりと様々な用途がありますのでお好きなシチュエーションで活躍させてみてください(*^^*)

 

一緒に飾ってある冊子はパンフレットとなっております。

なくなり次第同封できなくなってしまいますが、TUKUMOのブランドコンセプトやストリングアートの説明などを記載しております。

以上がまち針ストリングアート 春告げ小鳥の大まかな制作の流れとなります。

 

インスタにまち針ストリングアート作品集を多数アップしているので見て頂けると嬉しいです。

フォローしていただけるともっと嬉しいです!(^^)!

最後まで拝見していただき有難うございます。

 

Instagram;tukumo.craft
YOUTUBE;つくもチャンネル
検索方法;まち針ストリングアート

Amazon;まち針ストリングアート

TOPへ戻る