手芸クラフトのギフト〜TUKUMO(つくも)

TUKUMO BLOG
つくもブログ

2019年12月23日

孫からおばあちゃんへクリスマスプレゼント(のお返し)。作り方を詳しく御紹介!

  • まち針ストリングアートの作り方
  • まち針ストリングアート作品集
  • プレゼント・ギフト
  • イベント

こんにちは!『TUKUMO』ブログ管理人の森川です。

 

クリスマスまであと1日!

まち針ストリングアートで作る孫からおばあちゃんへのプレゼントです。

 

≪クリスマス作品第3弾》

孫サンタとトナカイがスノードームをプレゼント🎁


 

糸をかけたり、ガラス玉まち針をさしたりはお子様が行い、子供の顔がついたサンタとトナカイはお母さんが作りました。

名付けて

「孫サンタとトナカイがスノードームをプレゼント」

 


📍📍 作り方紹介 🧵


1.型紙を準備します(後日【型紙テンプレート】にアップします。)

型紙を準備します。

型紙はつくもブログのカテゴリ【型紙テンプレート】から実際のサイズで印刷してください。

 

2.土台スポンジに生地を貼り、まち針をさしていきます。

生地は両面テープで貼ります。

(詳しくはYOUTUBE;つくもチャンネルをご覧になってください。)

この度は緑色の生地を使っております。

 

型紙の点の位置にガラス玉まち針をさしていきます。

ガラス玉まち針は約1㎝~1.5㎝さしてください。

この度使用したガラス玉まち針はAmazonで販売中の「ガラス玉まち針」桜色と黒色です。

 

3.ガラス玉まち針を刺し終えると型紙を破ります

型紙を破いていきます。

ガラス玉まち針が抜けないように少し揺らしながら取っていくと綺麗に取ることが出来ます。

取り切れずに残った型紙はピンセットで取ると取りやすくきれいに取れます。

 

4.糸を掛けていく

糸を掛けていきます。

菊の花の形のように1から順番に糸を掛けていきます。

※糸を掛けていく際は背景に(後ろ側)に来るものから糸を掛けていきます。

 

5.完成

完成しました!

シンプルな図案なのでここからクリスマス色を出す為に飾りつけをします。

サンタとトナカイの紙を糸に挟んでクリスマス使用のスノードームの完成です。

 

この作品のタイトルが

孫サンタとトナカイがスノードームをプレゼントなのですがシチュエーション的に???という「?マーク」が出てくる方もいると思います。

 

簡単にストーリーを説明するとお孫さんは小学5年生(もうすぐ6年生)がおばあちゃんへクリスマスプレゼントのお返しをしたという流れです。

小学5年生だとサンタさんの意味を分かっているお子様と分かっていないお子様がいると思いますが、この度はサンタさんがわかっているお子様のストーリーです!笑

 

なので本当のタイトルは

(おばあちゃんからのクリスマスプレゼントをもらった孫)

「孫からありがとうの気持ちがこもった嬉しいお返し(#^.^#)」

となります😁

 

おばあちゃんやおじいちゃんはお孫さんが大好きな人が多いです(#^.^#)

写真をプレゼントすることに加えお子様が一生懸命作った手作りの写真立てをプレゼントすると、「喜んでもらえなかった😭」という言葉は聞いたことがありません。

 

是非、お正月、勤労感謝の日、母の日など活用の幅は広いので制作トライしてみてください(#^.^#)

フォトフレームだと販売中の【まち針ストリングアート 花束の贈り物】をおススメします

 

インスタグラムにまち針ストリングアート作品集を多数アップしているので見て頂けると嬉しいです。

フォロー、コメントしていただけるともっと嬉しいです(^^)!

最後までご覧いただき有難うございます。

 

Instagram;tukumo.craft
YOUTUBE;つくもチャンネル

HP検索;まち針ストリングアート

Amazon販売;TUKUMO

無料型紙;型紙テンプレート

TOPへ戻る